印刷 | 通常画面に戻る |

汴州

後梁の都。後には宋王朝の都の開封となる。

戦国時代の魏の都大梁として始まり、後に汴(べん)と言われるようになる。洛陽の東の中原(華北平原)の中心地で現在は河南省。煬帝が建設した大運河の一つ通済渠の基点にあたり、黄河流域と江南を結ぶ経済の中心として栄えた。五代十国では後唐を除く後梁後晋後漢後周の都となり、さらに宋(北宋)の首都開封となった。 → 五代十国の争乱 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 オ.五代の分裂時代