印刷 | 通常画面に戻る |

開封

後梁以降の五代と北宋の都。河南省の古都でかつての汴州。黄河と大運河の交差する要地にあり、商業上の繁栄した都市であった。1126~27年の靖康の変で金に占領され、衰退した。

 かいほう、とよむ。現地の読みではカイフォン。現在の地名は河南省開封市。隋の煬帝が建設した大運河の拠点の一つであり、黄河中流域の華北と長江流域の江南地方を結ぶ交通の要地で、物資の集散地となって大いに繁栄した。
 後梁を建国した朱全忠を首都と定め、東都開封府として以来、五代(後唐を除く)の各王朝の都であった。引き続き宋(北宋)の都となり東京開封府(とうけいかいほうふ)といわれた。この地は古く汴州といわれたので汴京(べんけい、べんきょう)とも言われる。

開封の繁栄

 唐の長安洛陽などの都市は、官営の「市」だけで取引が行われ、それに参加できる商人も「行」という同業組合に属していなければならず、また市での営業は昼間しか認められなかったが、宋代の都市では同業組合の支配力は衰え、市以外にも自由に商店を開くことが出来るようになり、また盛んに夜市も開かれるようになった。そのような都市には人口が集中し、貨幣経済が発展した。その代表的な都市が開封である。その栄華を物語った書物が『東京夢華録』(とうけいむかろく)であり、絵画が張択端の描いた『清明上河図』(清明とは3月3日のこと。市民たちが街に出て春を祝う日)である。

一時、金の都となる

 1126~27年の靖康の変で東北地方に興った女真のに占領され、北宋が滅亡してから開封の衰退が始まった。北宋の残存勢力は南方に逃れて建国した南宋は、1138年に長江下流の臨安(杭州)を都とし、金は1153年に都を燕京(現在の北京)に移したので、開封は政治的中心地ではなくなった。
 金は華北を支配するに当たり、当初は二重統治体制をとっていたが、次第に漢民族の制度を採り入れるようになり、いわゆる漢化が進み、むしろ北方の遊牧民との対立を深めていった。そのようなとき、北方の遊牧社会に登場したのがモンゴル人であった。1211年、チンギス=ハンが金に対する攻撃を開始、金はやむなく1214年に都を開封に移した。1230年、次のオゴタイ=ハンが大軍を率いて開封に迫り、激戦となった。開封は多くの難民が餓死する惨状となり、1232年についに落城し、逃れた金王朝は間もなく滅亡した。

開封の衰退

 元代には新たに江南と北京を直接結ぶ運河が建設され、開封は経済の繁栄から取り残されていった。明末には黄河の大洪水で泥土の下に埋もれてしまった。現在の開封市は宋の時代のものではなく、清代に建設されたものである。→ 宋代の商工業の発達 開封地図

長安と開封の比較

唐の都長安と比較して、どのような違いがあるか考えよう。
1.長安と同じく、城壁に囲まれた城壁都市である。
  大内を中心として、内城、外城がある三重構造。
2.長安の碁盤の目のような区画がない。
  長安は整然とした坊市制で区画されていたが、
  開封ではより広い範囲を含む廂に区画されている。
3.商業区画は長安では東西の市だけであったが、
  開封では市場や繁華街が広がっている。
  なお、長安の市は昼しか営業できなかったが、
  開封では図のように夜市や暁市が開かれた。
4.開封では汴河を通じ」外の商業網に通じていた。
  水路は実際にはさらに多く張り巡らされていた。
5.開封の市内にある瓦市(瓦肆)とは、娯楽施設で、
  戯曲、雑伎、武術、後段などが演じられていた。
東京(とうけい)と言われた開封は、人口が60~70万人で、世界でも有数な都市であった。
(右図は『中国中学校歴史教科書』明石書店 p.452 をもとに作成した)

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
6章2節 ウ.宋の統治
6章3節 エ.宋代の社会