印刷 | 通常画面に戻る |

後晋

中国の王朝で五代の3番目。都は汴州。契丹に燕雲十六州を割譲。

五代の三番目の王朝。936年、後唐の臣下の石敬瑭(せきけいとう。やはり突厥=トルコ系の人)が、契丹の援助を受けて建国。その際、後晋は、見返りとして契丹に燕雲十六州を割譲し、年ごとに金と絹布の贈与を約束した。次の出帝はその約束を守らなかったので、契丹の太宗は後晋の都の汴州(開封)を攻撃し946年、後晋を滅ぼした。その翌年、契丹は国号を中国風の遼に改めた。 → 五代十国の争乱 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 オ.五代の分裂時代