印刷 | 通常画面に戻る |

旧法党

宋の王安石の改革のと、改革に反対した保守派。

 宋(北宋)王安石の改革を、宋の祖法に反するもとして反対した保守派の官僚や学者。中心人物は後に宰相となり王安石の新法をすべて廃止し、歴史家として知られる司馬光や、詩文家として名高い蘇軾などがいる。王安石や司馬光らの死後も、両派の党争は続いた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.宋の統治