印刷 | 通常画面に戻る |

王安石の改革/新法

宋代の1070年に始まる王安石の指導した改革。新法とも言う。

 宋(北宋)神宗の時、1070年に始まる宰相王安石による改革。宋では文治主義を取ったために生じた官吏への俸給の増加、遼と西夏との和平のための贈物のための出費、傭兵を維持するための費用などがかさみ、慢性的な財政難に悩まされていた。神宗に登用された王安石は大胆な富国強兵策をたて、その財政難と兵力の弱体化と解決し、宋の再建を目指した。また王安石は、有能な官吏を育成し、選抜するために、官吏養成のための学校を整備し、科挙の改革も行った。また、方田均税法によって税制の不均衡を是正しようとした。

改革の狙いと結果

 王安石の改革である「新法」の狙いは財政難の解消と富国強兵であった。財政難の解消としては、青苗法・均輸法・市易法・募役法があり、強兵策としては保甲法・保馬法がある。しかし、王安石の改革を支持する一派を新法党と言ったが、その改革に反対する旧法党との対立が激しくなった。旧法党の中心人物には司馬光がいた。王安石の改革によって一時的に宋の財政は回復し、西夏遠征が行われたが、1076年には王安石は宰相を辞任し改革は失敗した。

新法と新法党

 王安石の改革を総称して「新法」といい、それを支持する一派を新法党と言った。以下に「王安石の新法」の主要な内容を挙げる。
青苗法  春の植え付け時期に政府が資金を農民に貸し出し、秋の収穫期に2割または3割の利子を付けて返還させる貸付制度。農民の生産力を高めるとともに政府の財源確保をねらった。
均輸法  農民の生産する物資を都に運ぶ際、輸送費・中間費用がかさんで値が上がることを防ぐため、その地で価の安いときに買い入れ、値の高いときに売ること。物価の安定と流通を図ったものだが、旧来からの大商人は転売の中間利益を得られなくなるので反対した。
市易法  政府が中小商人に資金を貸し付け、物資を購入させ、値が上がったときに売り出させて利益を還元させる方式。それまで物資を独占して価格を操っていた大商人を抑え、中小商人の保護と物価の安定をねらったもの。
募役法  農民に対する労役を免除する代わりに免役銭を納めさせ、それをもとに労役(差役)に従事するものを募集するもの。それまで免役の特権のあった官戸や寺院・観(道教の道場)からも助役銭を徴収した。
保甲法  宋の軍事力は傭兵に依存したため、その出費が多かった。王安石は傭兵をやめ、民兵による軍事力の編成を試みた。10家を1保、50家を大保、500家を都保とし、各家から成年男子を保丁としてださせて、共同責任による治安維持にあたらせ、農閑期には軍事教練を行った。
保馬法  保丁に対し、政府が馬を貸し与え、戦時には軍馬として、平時には農耕馬として飼育させ、軍馬の不足を補おうとした策。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.宋の統治