印刷 | 通常画面に戻る |

高宗

靖康の変で金軍から逃れ、臨安に入って宋(南宋)を再建した。

 靖康の変を逃れた徽宗の子の高宗は、金軍の追跡を逃れながら、1138年に臨安(杭州)に入り、宋を再建した。これが南宋である。南宋では金に対する和平派の秦檜と主戦論の岳飛が対立したが、高宗は和平論をとり、1142年紹興の和といわれる和平を成立させ、淮河を境に境界を定め、多額の貢納と、金の皇帝に臣礼をとることを約束した。しかしすでに父徽宗と兄欽宗は死に、金の都から生還したのは母の皇后だけであった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.宋の統治