印刷 | 通常画面に戻る |

淮河

華北と華南の境界にある川。淮水ともいう。金と南宋の国境とされた。

 わいが。黄河長江の間を、同じように西から東に流れる川。淮水とも言う。もともと中国の黄河流域=華北と、長江流域=江南の境界線であったが、特に南宋の争いの説きに、1142年の紹興の和で国境線とされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
6章2節 ウ.宋の統治