印刷 | 通常画面に戻る |

茶の専売制

中国の宋は、茶を専売制として財源に充てた。

 を飲用する習慣は唐代に一般化し、でさらに普及した。農村では茶が栽培され、都市には茶館が生まれた。またこのころには漢民族の周辺にも喫茶の風習が広がった。宋はこのように茶館に流通し、さらに輸出品となっていることに目をつけて、専売にすることにし、国家財政の財源に充てた。 → 宋代の商工業の発達
(引用)唐代において、喫茶は一般庶民にまで普及し、塩とならぶ生活必需品となった。茶は漢族だけではなく、周辺の遊牧系諸民族にとっても必需品となってきた。宋代になると、この状況に着目して、宋朝は茶を国家収入の重要な財源とした。また周辺の諸民族は宋から茶の輸入を必要としたので、宋朝は有力な貿易商品として茶を利用し、茶馬貿易を行なおうとした。この事情は、宋以降、清に至る各王朝においても変わらない。・・・(塩・酒・銅・茶の専売による収入の内)茶は約4分の1を占める国家収入の重要な部分をなしていた。宋朝はこの茶の専売をたんに国家収入としただけでなく、茶を国境地帯の外敵に備える軍需品の運搬に利用した。軍需品を農民から徴発して運搬させると、農事の妨げになるだけでなく、その労役は過重なものとなっていた。そこで商人に軍需品を国境へ運ばせ、その代価に茶を商人に与え販売させた。このためにも茶の専売が必要であった。<布目潮渢『中国喫茶文化史』1989 再刊岩波同時代ライブラリー p.217>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 エ.宋代の社会
書籍案内

布目潮渢『中国喫茶文化史』1989 再刊岩波同時代ライブラリー