印刷 | 通常画面に戻る |

院体画

中国の王朝の宮廷で発達した画風の流派。明代の北宗画につながる。

 中国の各王朝では、唐の玄宗の時に創設された画院、正式には翰林図画院(かんりんとがいん)という宮廷の絵画制作を行う機関が置かれた。ここから多くの専門的な宮廷画家が生まれた。この画院で発達した画風が、花鳥を主な題材として写実と色彩を重んじる院体画であり、特に宋(北宋)では北宋の徽宗皇帝や南宋の夏珪馬遠などが現れた。 → 宋代の文化
 宮廷画家の院体画に対し、在野の士大夫層出身者の画風を文人画という。文人画が元末から明にかけて流行し、明末の董其昌がその流れを大成して南宗画(または南画)と言うようになると、院体画は北宗画(北画)と言われるようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 オ.宋代の文化