印刷 | 通常画面に戻る |

宋代の文化

中国の文化史の中で革新的な動きがあった宋代の文化。

 宋代(北宋から南宋まで)の文化をまとめると次のような特徴がある。
  1. 革新的な文化 唐までの漢文化の伝統を継承しながら様々な分野で革新的な動きが見られる。その最も顕著なものが儒教に置ける宋学(朱子学)の登場である。絵画では文人画がそれにあたる。
  2. 国際性の希薄化 宋代では唐の文化の国際性は希薄となり、より民族主義的、国粋的な傾向が強まり、唐後半から興った古文復興運動もそのような傾向に合致していた。
  3. 士大夫を担い手とした文化 唐までの文化を支えた貴族階級は没落し、代わって台頭した士大夫と言われる新興地主層で儒教を身につけた知識人が科挙に合格して官僚となり、文治主義のもとで政治・経済・文化の中核となった。
  4. 庶民文化の始まり 宋文化の主な担い手は士大夫であるが、雑劇のような庶民文化が興った。また仏教では官僚層には禅宗が支持されたのに対して、民間には浄土宗が広がり、木版印刷による出版など文化の受容は庶民層にまでひろがった。また華北の金の支配領域では儒教・仏教を取り入れた道教の新しい動きとして全真教が成立し、それに対して宋の支配領域では正一教が道教の正統を主張した。
  5. 宋代の三大発明 生産力の発展、経済の成長を背景として、実用的な文化が起こり、羅針盤火薬活版印刷の三大発明がもたらされた。これらは後にイスラーム世界を経由してヨーロッパに伝えられ、ルネサンスに影響を及ぼす。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 オ.宋代の文化