印刷 | 通常画面に戻る |

色目人

元代にモンゴル人に次ぐ地位を与えられた西方出身者。

 しきもくじん。元朝のもとでの西方の出身者を言う。色目とは「種類」の意味(眼が青いという意味ではないので注意)、多くの種族を含む。ウイグル、ナイマン、タングート、チベットなど西域諸地域の人々に加え、アラブ人、イラン人、インド人、ユダヤ人、ロシア人、トルコ人も含む。マルコ=ポーロなどのヨーロッパ人も「フランキ」といわれて色目人として優遇された。色目人はモンゴル人第一主義をとる元朝でモンゴル人に次ぐ高い地位に置かれ、高級官僚やハンの側近に登用されることも多く、支配者階級を構成した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配