印刷 | 通常画面に戻る |

モンゴル人至上主義

元のモンゴル人による漢民族その他に対する支配方針。

 征服王朝であるでは「百官の長はモンゴル人をもって任用する」という原則があった。モンゴル人以外は、色目人・漢人・南人に分けられたが、役人など支配層となったのはモンゴル人であり、モンゴル人で不足する場合は色目人があてられることになっていた。華中から華北の、かつて金の支配する地域の住民の漢民族や女真族などは漢人といわれ、華南のもとの宋の領域の漢民族などは南人と言われた。漢人・南人は高級官僚になることはなく、支配される側として租税を負担した。このような体制をモンゴル人至上主義、あるいはモンゴル人第一主義という。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配