印刷 | 通常画面に戻る |

漢人

元代ではかつての金の支配領域(華北)の住民の意味。

 一般的にはいわゆる漢民族を示す言葉であるが、モンゴル人が中国を支配した征服王朝である王朝ではモンゴル人第一主義がとられ、モンゴル人、色目人、漢人、南人の民族が身分的に区別された際には、「漢人」はかつての金の領域にいた人々で、淮河以北の漢民族、契丹族、女真族、高麗人、渤海人などを意味した。漢民族だけではないことに注意すること。元朝のもとで少数のものが役人に登用されることもあったが、多くは生産者層として税を負担した。モンゴル人第一主義の下で、色目人が優遇されていたのに比べて、漢人は南人と共に抑圧されていた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配