印刷 | 通常画面に戻る |

ハラージュ

イスラーム世界に於ける地租のこと。人頭税(ジズヤ)と並んで主要な税目となった。

イスラームでの地租をハラージュという。イスラーム政権が砂漠地帯からメソポタミアの農耕地帯に広がる過程で、土地所有者に税を負担させて国家財政を補うようになった。生産物か家畜の一部で納められ、国庫の大きな割合を占めていた。はじめはイスラームに改宗しない非アラブ人(ジンミー(ズィンミー)と言われた。ユダヤ教徒・キリスト教徒などの「啓典の民」。)に対し、人頭税(ジズヤ)とともに課せられていたが、ウマイヤ朝のもとで、改宗した非アラブ人(新改宗者、マワーリーと言われた。)にも課せられるようになった。アラブ人はジズヤもハラージュも納める必要はなかった。このようなアラブ人イスラーム教徒と非アラブ人イスラーム教徒の差別に対する不満が強くなったので、ウマイヤ朝の末期にはアラブ人にも課せられるようになり、次のアッバース朝もそれを継承し、アラブ人イスラーム教徒からも征服地に土地を持つ場合はハラージュを納めさせることし、その平等化を図った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立