印刷 | 通常画面に戻る |

マワーリー

イスラーム帝国での非アラブ人でイスラーム教に改宗した人びと。

イスラーム帝国に組み込まれた非アラブ人で、イスラーム教に改宗した人々(新改宗者)をいう。ウマイヤ朝においては同じイスラーム教徒でありながら、人頭税(ジズヤ)地租(ハラージュ)などの税を負担しなければならず、負担が大きかった。彼らは、ウマイヤ朝の支配に対立したシーア派と結びついて、反体制運動を起こすようになり、ウマイヤ朝に代わるアッバース朝の出現をもたらした。アッバース朝の税制の変更で、マワーリーはジズヤを免除されてハラージュのみを納めるようになり、アラブ人もハラージュは同じように義務となったので、イスラーム教徒であればアラブ人と非アラブ人の違いはなくなった。なお、非アラブ人でイスラーム教に改宗しなかったユダヤ教徒、キリスト教徒らはジンミー(ズィンミー)と言われた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 ウ.イスラーム帝国