印刷 | 通常画面に戻る |

ルバイヤート

イスラーム文学を代表するオマル=ハイヤームの詩。

セルジューク朝時代のウマル=ハイヤームの著したとされる詩集。四行詩集とも言う。人の世の無常と愛の祝福を歌いイラン文学の最も重要な作品となっている。1859年にイギリスの詩人E.フィッツジェラルドが英訳し、広く世界に知られることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.学問と文化活動