印刷 | 通常画面に戻る |

ミナレット

イスラーム教のモスクに付随する塔。

イスラーム教のモスクに附属する塔。訳して「光塔」という。これはイスラームの五行の一つである礼拝の際にそれを告知するためのもので、その告知をアザーンという。アザーンはコーランの朗唱ではなく、礼拝の始まりを告げる定型の文句であり、「神は偉大なり(4回)、神は唯一であることを証言する、ムハンマドは神の使徒であることを証言する、礼拝にきたれ、繁栄にきたれ、神は至大なり(以上2回ずつ)、神は唯一である(1回)」という内容である。朝のアザーンでは最後の「神は至大なり」の前に「礼拝は睡眠より良い」の文句が入り、シーア派では「善行にきたれ」(2回)が加えられる。<中村廣治郎『イスラム教入門』岩波新書 p.116>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.学問と文化活動