印刷 | 通常画面に戻る |

モスク

イスラーム教徒の礼拝堂。イスラーム文化の代表的な建築様式であり、学校なども併設され重要な施設である。

 モスクはイスラーム世界の都市や村々に設けられ、イスラーム教信者の共同の礼拝場所であるが、それだけでなく、学問・教育の場でもある。中心部にはドーム(タマネギ型の丸屋根)の下に広い広間があり、信徒が集合して聖地メッカの方角を向いて礼拝するところがある。その中には簡単な説教壇とメッカの方向(キブラ)を示すミフラーブがある。ミフラーブは壁につけられたくぼみで、アーチ型の装飾が施されている。モスクの中庭には礼拝の前に身を清める泉が準備されていることが多い。モスクの周囲には、ミナレット(光塔)が配されており、礼拝の時を告知するためのものである。モスク建築は、イスラーム教の広がったところではどこでも見られ、基本的には同じ構造を持っているが、時代と場所によっていくつかのバリエーションが見られる。<詳しくは、深見奈緒子『世界のイスラーム建築』講談社現代新書 2005>
 モスクは、トルコ語ではジャーミーという。オスマン帝国のスレイマン1世の時代には、スレイマン=モスクなどの大ジャーミーが、建築家ミマーリ=シナンの手によって建設されている。
(引用)ジャーミー(モスク)の始まりは、622年である。イスラムの預言者ムハンマドが、その年メディナに移った時、信者たちが集まって祈る適当な建物がなかった。そこで、ムハンマドの家が、その祈りの場所となった。それで、ムハンマドの家が「ひれ伏す場所(マスジド)」とアラビア語で呼ばれるようになった。このマスジドが訛って、モスクとなったのである。<小説、夢枕獏『シナン 下』中公文庫 の一説。p.327>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 イ.イスラームの社会と文明
書籍案内

深見奈緒子
『世界のイスラーム建築』
講談社現代新書 2005