印刷 | 通常画面に戻る |

モザイク壁画

ビザンツ様式の美術の中心的な技法。

ビザンツ様式の美術の代表的な技法。色大理石などを細かく各状にし、ガラス片や貝殻片を加え、壁面のセメントに埋め込みながら装飾としていく。東方起源の技術でキリスト教徒ともにローマに広がり、教会堂の壁面の絵画に利用され、ビザンツ時代に発展した。現在も多数残されているが、代表的なものは、イタリアのラヴェンナにあるサン=ヴィターレ聖堂のモザイク壁画であろう。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 イ.ビザンツ帝国の社会と文化