印刷 | 通常画面に戻る |

ビザンツ様式

ビザンツ帝国の美術、文化の様式。ドーム建築とモザイク絵画が特徴。

ビザンツ帝国のもとで展開された、6世紀ごろを頂点とする建築や美術上の一つの様式。ギリシア・ローマの古典文化を継承し、東方の要素も取り入れて形成された。中世ヨーロッパの教会建築にも影響を与え、11世紀のロマネスク様式に継承される。

ビザンツ様式の特色

 要点はドームとモザイク画による装飾。ドーム(大円蓋)を中央にもち、周辺に小ドームを配置する形態をとり、壁面には、モザイク壁画・フレスコ画で美しく装飾されている。絵画ではその他に、ギリシア正教の聖具として使われたイコンも美術的価値が高い。

ビザンツ様式の具体例

 コンスタンティノープルのハギア=ソフィア聖堂がその代表例。6世紀にユスティニアヌス帝が建造したものであるが、オスマン帝国に征服されてからはイスラーム教のモスクとして改造された。モザイク壁画の代表的な遺品としては北イタリアのラヴェンナ(一時、西ローマ帝国の都であったが、ユスティニアヌスの時東ローマ領となり、総督府が置かれた)にあるサン=ヴィターレ聖堂である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 イ.ビザンツ帝国の社会と文化