印刷 | 通常画面に戻る |

サン=ヴィターレ聖堂

北イタリアのラヴェンナにあるビザンツ様式の代表的建造物。

6世紀に建造された、イタリアのラヴェンナにあるビザンツ時代の代表的建築。その内部には、ユスティニアヌス大帝と皇帝テオドラを中心とした人物群を描いたモザイク壁画が描かれており、ビザンツ様式美術のもっとも重要な作品となっている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 イ.ビザンツ帝国の社会と文化