印刷 | 通常画面に戻る |

神学

中世ヨーロッパの学問の中心となったキリスト教神学。

 キリスト教の教理を学び、深化させる学問で、中世ヨーロッパの学問の中心となった。神学から発展した哲学がスコラ学であるが、中世においては「哲学は神学の婢(はしため)」(トマス=アクィナス)と言われたとおり、あくまで神学に従属するものであった。中世の大学でも神学は4学部の一つとされ、最も重要とされた。近代の思想はこの神学のしばりからの、哲学や科学の解放の過程であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ア.教会と修道院