印刷 | 通常画面に戻る |

吟遊詩人/トゥルバドゥール

中世ヨーロッパの各地に生まれた歌唱する詩人。フランスのトゥルバドゥールなど。

 中世ヨーロッパの12世紀ごろに盛んだった、叙情詩を詠いながら各地を遍歴した詩人たち。11世紀の南フランスに生まれたトゥルバドゥールや、その影響で生まれたドイツのミンネジンガーなどが吟遊詩人と言われる。12世紀から13世紀が最盛期で、地方貴族の邸宅をめぐり、騎士道的な愛を歌い上げた。これは大学の誕生やゴシック様式建築の流行などとと並んで、12世紀ルネサンスの一つの動きとされている。南フランスの異端運動のアルビジョワ派がアルビジョア十字軍によって鎮圧され、その地域がフランス王権に組み込まれるとともにトゥルバドゥールの活動も衰えた。詩作は次の14世紀に、イタリアの初期ルネサンスで再び盛んになる。

トゥルバドゥール

 12世紀の南フランス、ラングドックやプロヴァンス地方に現れた、「女性を高貴な存在として認め、彼女に熱烈なロマンティックな愛を捧げる」叙情詩を奏でる芸術家。宮廷や貴族館で騎士たちの恋愛沙汰を題材に、即興の詩をおもしろおかしく、ときにもの悲しく歌い上げ、後の文学の一つの源流となるが、アルビジョア十字軍によって南フランスが王権に服属したことにより衰えていく。
(引用)このトゥルバドゥールが歌い上げる愛というのはだいたい宮廷においてなされる、身分の高い貴婦人に対する恋愛です。未婚の女性に対する恋愛ではなく、たとえば領主の奥方とか、既婚の、身分の高い貴婦人に対して、その名を告げずに、一方的に秘めて、そして熱烈な愛を捧げる、そういう騎士的な愛です。これが「宮廷風恋愛」で、それを歌ったものがトゥルバドゥールの愛の叙情詩です。<伊東俊太郎『十二世紀ルネサンス』 2006 講談社学術文庫 p.249>

Episode トゥルバドゥールを愛好した王妃

 12世紀のフランス王ルイ7世の王妃で、後に離婚してアンジュー伯アンリ(後のイギリス王プランタジネット朝初代のヘンリ2世)と再婚するエリアノールが、故郷アキテーヌ地方のトゥルバドゥールを愛好し、パリやアンジュー伯の宮廷でもそれが大流行するようになったという。(エリアノールについてはヘンリ2世の項を参照)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.美術と文学
書籍案内

伊東俊太郎
『十二世紀ルネサンス』
2006 講談社学術文庫