印刷 | 通常画面に戻る |

李舜臣

李舜臣と亀甲船
1973~1993に韓国で流通した紙幣の李舜臣と亀甲船

朝鮮の水軍を率いて豊臣秀吉の朝鮮侵略(1592年~)と戦った。亀甲船を考案し、倭軍の水軍を次々と破り、その補給路を遮断した。一時罪を得て退いたが、再び前線に出て活躍したが、98年11月に戦死した。

 豊臣秀吉の朝鮮侵略を迎え撃った、朝鮮の水軍の将軍。朝鮮でいう壬辰・丁酉の倭乱で、朝鮮の危機を救った、救国の英雄とされている。壬辰の倭乱が始まると、水軍を率いた李舜臣は、巧みな鶴翼誘引策の戦術と、自ら改良した亀甲船を駆使し、脇坂安治や九鬼重隆などの倭軍の水軍を襲撃し、大きな成果を出した。それによって倭軍は兵員、食料、物資の補給に苦しみ、作戦に大きな支障が生じた。一時ねたまれて無実の罪を着せられ失脚したが、丁酉の倭乱が起こると再び前線の指揮官として活躍、1598年11月、戦死した。李舜臣は現在も朝鮮の救国の英雄として、尊敬されている。

名将としての生涯

 李舜臣は1545年、ソウルに生まれ、1576年、武科に合格して軍人となった。文官として政治の中枢で活躍する柳成龍とは若いころから交友があり、二人とも官人の派閥では東人派に属していた。その後、県監・郡守などを歴任。1591年、47歳で全羅左道水軍節度使に抜擢された。壬辰の倭乱が始まると慶尚右水使元均を助け、亀甲船を駆使して倭の水軍を撃破し、その補給路を断った。この間、地位も上がったが、戦いにひるむ元均(西人派)のねたみを買い、讒訴されて罪を得、入獄し、後に許されたが白衣従軍(一兵卒として従軍すること)の処分となった。しかし、丁酉の倭乱が始まると、元均が戦死し、李舜臣は許されて再び三道水軍統制使となり、朝鮮水軍を再建し、明軍と力を合わせて戦った。1598年8月、秀吉の死により、倭軍は撤退を開始するが、朝鮮水軍と明軍は追撃作戦をとり、李舜臣は11月慶尚南道露梁津で島津の水軍と戦い銃弾に当たって戦死した。<北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略』1995 吉川弘文館 p.101-102>
 李舜臣は、その死の前日まで、詳細な日記を書いていた。その日記『乱中日記』は最近、北島万次氏によって皇帝翻訳されて、東洋文庫に三冊分冊として刊行され、読むことができるようになった。また翻訳にあたった北島氏が、その記録にもとづいて、李舜臣の人物と、戦術、朝鮮水軍の組織、亀甲船の実態、朝鮮水軍に降伏したいわゆる降倭などについて詳しく述べているのが近刊の『秀吉の朝鮮出兵と民衆』(岩波文庫)である。<北島万次『秀吉の朝鮮侵略と民衆』2012 岩波新書>

Episode 東郷平八郎が尊敬した将軍

 日露戦争でバルチック艦隊を撃破した日本海軍の司令官東郷平八郎は、後にイギリスを訪問した際、「日本のネルソン」として注目を浴びたことがあるが、戦捷祝賀会の席で、数々の賛辞に答えてこう語った。
(引用)不肖東郷を或はネルソンに喩へ、或は李舜臣に擬して賞賛されましたこと、身に余る光栄であります。然しながら、ネルソンはいざ知らず、李舜臣になぞらへたのはあたりませぬ。不肖東郷如きは、李舜臣の足元にも遠く及ぶ者ではあるませぬ。 <崔官『文禄・慶長の役―文学に刻まれた戦争』1994 講談社選書メチエ p.64>
 現在も李舜臣は韓国の国民的英雄として、ソウルの中心部にその巨大な銅像が建てられ、また閑山島海戦の戦捷の地の統営は李舜臣の号である「忠武(チュンム)」に倣って「忠武市」と改められている。

亀甲船

亀甲船

16世紀末の豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った朝鮮水軍の李舜臣が考案した戦船。

 朝鮮水軍の武将、李舜臣が考案したという戦闘用の船で、漕ぎ手の上に屋根を被せ、闘犬を隙間無く並べて敵兵が上に乗れないようにし、また漕ぎ手も外から見えないようにし、船首に龍首を設けてそこから火砲を発射できるようにした。壬辰・丁酉の倭乱(日本の豊臣秀吉の侵略)の時に豊臣の水軍を大いに悩ましたという。

Episode 李舜臣の亀甲船

 亀甲船というのは、木造船の上に鉄板(または堅い板)で覆い、敵が乗り込めないようにし、船の左右にたくさんの櫂をつけて速力を早めて敵に近寄り、無数の銃眼から鉄砲や矢を射るようにしたもの。舳先には口を開けた竜頭をすえ、上からも砲火を浴びせられるようにした。15世紀の初めごろから、倭寇と戦うために考案されたらしく、李舜臣が改良して実戦に使えるようにした。李舜臣はこの亀甲船と、潮の流れをうまく利用して日本海軍をほんろうしたという。<岡百合子『中・高校生のための朝鮮・韓国の歴史』平凡社ライブラリー p.154>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 カ.東アジアの状況
書籍案内

李舜臣/北島万次訳
『乱中日記』
2000 東洋文庫 平凡社