印刷 | 通常画面に戻る |

李栗谷/李珥

5000won
5000ウォン紙幣の李栗谷

16世紀、朝鮮王朝(李朝)の朱子学者。李退渓の「理」一元論に対し、理気二元論の「気」を重視した。

 李栗谷(りりっこく、朝鮮語ではイユルゴク、1536-85)。栗谷は号で、本名は李珥(りじ)。朝鮮の儒教のなかで同時代の李退渓と並び称される、儒学の大家。
 朝鮮王朝(李朝)の中期に生まれ、幼児より聡明で科挙に最優秀で合格、官吏として活躍した。李退渓が、朱子(朱熹)の理気二元論を発展させ、「理」を重視して理一元論に進んだのに対し、彼は「気」を重視する姿勢を崩さず、彼の系統は李退渓の嶺南学派に対して畿湖学派といわれ、朝鮮の朱子学の二大潮流を形成した。
 李栗谷は、李退渓と並ぶ朝鮮儒学の大家として現在もよく知られており、現在の韓国の5000ウォン紙幣にその肖像画は用いられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第7章2節 清代の中国と隣接諸地域