印刷 | 通常画面に戻る |

朱熹/朱子

南宋の儒学者で、宋学を大成した、朱子。

 朱熹(しゅき)が名前で、朱子は尊称。12世紀の南宋の儒学者で宋学(朱子学)を大成した、中国思想史上の最も重要な人物朱熹は福建省に生まれ、科挙に合格したが、その新思想が当時は受け入れられず、ほとんどを地方の下級官僚ですごした。その間思索を深め、北宋の周敦頤に始まる宋学を体系的な宇宙哲学として完成させた。そこで宋学を「朱子学」ともいう。「朱子学」の内容は大きく四つに分かれる。
・存在論:程頤、張横渠の説を発展させた理気二元論。万物は理と気からなるというもので、それまでの儒教に欠けていた宇宙観、物質観を組み立てた。
・倫理学:人間の生き方を論じる。「性即理」の説。人間の本性と宇宙の根源を一致させた生き方によって聖人たることを目指した。
・方法論:聖人になる方法を説くことで、窮理(理を窮める)の説という。朱子は『大学』からとった格物致知をその方法論とした。
・古典注釈学:『四書集注』で、『大学』『中庸』『論語』『孟子』を四書として儒教の新しい基本文献とした。また、『資治通鑑綱目』で大義名分論を強調した。
 他にも科挙の改正や、社会政策論などでも多面的に議論を展開している。 → 宋代の文化
 朱子の学問である朱子学は、朝鮮王朝(李朝)に伝えられ、朝鮮の儒教に強い影響を及ぼし、16世紀の李退渓李栗谷などの学者が現れた。このうちの李退渓は理気二元論に対して、「理」を重視する一元論展開し、藤原惺窩や林羅山の日本の儒学にも影響を与え、朝鮮においては両班の政治理念・生活規範として定着し、日本においては江戸幕府の封建的身分制社会のイデオロギーとなっていった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 オ.宋代の文化
書籍案内

島田虔次『朱子学と陽明学』岩波新書