印刷 | 通常画面に戻る |

フェルビースト/南懐仁

ベルギー人のイエズス会宣教師。清代に中国で布教。中国名は南懐仁。暦法を改良。

 ベルギー出身のイエズス会宣教師。1659年にの時代の中国に渡った。中国名南懐仁康煕帝三藩の乱に際し、フェルビーストに大砲の鋳造を命じ、これが功を奏して乱を鎮定することができたので、康煕帝は宣教師のもたらす西洋の技術に大いに関心を持ち、たびたび紫禁城の内廷に彼を招いて講義を聴いたという。またこの康煕帝の時代はキリスト教に寛容であったのも彼らの活動に追うところが大きい。またフェルビーストは暦の制定で天文学の知識を発揮し、1669年正月元日に起こった日食の時刻を正しく計算したことでも康煕帝の信頼を獲得し、アダム=シャールのあとを受けて天文台長官となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 エ.清代の社会と文化