印刷 | 通常画面に戻る |

分益小作制

16世紀のヨーロッパの一部に見られる小作制度的な農地制度。

16世紀のヨーロッパの中核地域である西ヨーロッパと、辺境である東ヨーロッパの中間的存在として半辺境ととらえらえる、南フランスなど地中海岸ででみられた労働管理の方式で、地主が小作農から、生産利益の50%を収奪する体制を言う。小作人は高利貸的な地主のもとで常に負債を負い、半農奴的な存在であった。ウォーラーステインの「近代世界システム」論では、「世界経済」の「半辺境」における労働管理の形態とされる。(なお、分益小作人という用語は、19世紀後半のアメリカで黒人奴隷解放後に現れたシェアクロッパー Share-cropper の訳語としても使われる。)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章1節 ウ.商業革命と価格革命