印刷 | 通常画面に戻る |

グレシャム

イギリスのエリザベス1世に仕えた役人で貨幣発行に当たる。

 エリザベス1世に仕えた役人で、グレシャムの法則-”悪貨は良貨を駆逐する”-を提唱したことで知られる。前代のヘンリ8世の時、財政窮乏のために貨幣の品質を落としてを濫発したのに対し、1860年にグレシャムの提言により、現行の低品質の貨幣を回収し、その名目価格よりも多少低い割合で新しい貨幣と引き換えた。また、金銀の交換比率を一定にして、通貨の取引を安定させた。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 エ.オランダの独立とイギリスの海外進出