印刷 | 通常画面に戻る |

ハルデンベルク

シュタインに続いて、プロイセン王国の近代化をめざす国制改革を進めた。

プロイセン王国の政治家で、シュタイン辞任後に1810年から首相となり、プロイセン改革を継承した。彼はハノーヴァーの名門貴族の出身であったが、フランス革命の開明的な部分を評価し、プロイセンの近代化を推進した。特に、営業の自由・国内関税の撤廃など経済の自由化に成功した。しかしその改革はあくまで「上からの改革」であり、土地改革・経済改革も結果的にユンカー階級の経営を拡大することとなった。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第11章3節 オ.ナポレオンの大陸支配