印刷 | 通常画面に戻る |

虎門塞追加条約

南京条約の追加条約で、清が片務的な最恵国待遇をイギリスに認めた不平等条約。

アヘン戦争の結果、1843年締結された南京条約の追加条約として、広州の近くの虎門寨で締結された。清はイギリスに片務的な最恵国待遇を認めた。他に開港上における土地租借の規定が含まれる不平等条約であった。この外国による土地租借が後に「租界」と言われるようになる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 東アジアの激動