印刷 | 通常画面に戻る |

租界

1845年の上海に始まる、治外法権を持つ外国人居住地域。

租界とは、中国の開港場において、一定の地域を租借した外国が行政・警察権を行使する地域のこと。本来は単なる土地貸与に過ぎなかったが、列強は次第に領事裁判権を得て、その土地を事実上支配するようにした。1845年の上海のイギリス租界に始まり、19世紀末に列強が清朝から天津、漢口、広州などに多くの租界地を獲得していく。上海の租界はイギリスに続き、フランスは1849年にイギリス租界と旧上海城内にはさまれた地域を租借、アメリカも1853年に虹口地区を租借した。1863年にはイギリスとアメリカの租界は、「共同租界」となった。19世紀末に確定した上海租界の面積は、共同租界が約22.60平方キロ、フランス租界が約10.22平方キロ、合計すると、東京の杉並区(33.5平方キロ)より少し狭い地域というということなる。租界は上海以外にも設けられ、第二次世界大戦まで存続した。<丸山昇『上海物語』1989 集英社刊 後に講談社学芸文庫 p.24 など>

Episode 「中国人と犬、入るべからず」

 上海の租界では外国人は競馬などを楽しみながら優雅な生活を送っていたが、その裏には中国人に対する露骨な差別があった。黄埔江沿いのパブリック・ガーデン(黄浦公園)を初めとする公園が、「中国人と犬、入るべからず」という看板を掲げていたのは、あまりにも有名である。黄浦公園は1868年に完成し、工部局の設けた管理委員会によって管理されたが、開園第一日から入口に警官を立てて、中国人の入園を拒んだ。これに対する抗議の記録は、1881年から始まっている。工部局は中国人に開放した場合、「流行病に伝染する危険がある」として抗議を拒否し続けた。85年、管理委員会は、公園の入口に「中国人と犬、入るべからず」という項目を書いた看板をたてた。悪名高いこの看板がはすされたのは、1925年の五・三○事件、27年の国民革命と、反帝国主義・民族主義の波が高まったのちの1928年7月1日であった。<丸山昇『上海物語』1989 集英社刊 後に講談社学芸文庫 p.42>  
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 東アジアの激動
書籍案内

丸山昇
『上海物語』
2004 講談社学術文庫