印刷 | 通常画面に戻る |

中体西用

清朝末期の改革運動である洋務運動の理念。西洋の技術は取り入れるが、思想は中国の伝統を維持するということ。

洋務運動における漢人官僚の姿勢となった理念。「中学を体となし、西学を用と為す」の略で、中学とは中国の伝統思想のこと、西学とは西用の学問で、それはあくまで技術(用)としてのみ受け入れる、という精神をいっている。つまり洋務運動は中国の社会や政治の近代化を進めるのではなく、あくまで清朝の支配体制にとって有用な技術の習得に努めよう、ということであった。事実、ここで学ばれたのは四大工場など西洋式の軍事工場の建設や西洋式軍隊の育成という、結局は軍閥の成長に結びつくことだけに留まった。中国の伝統思想を批判し、克服しようという運動は、20世紀に入り、辛亥革命後の文学革命によってである。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 ウ.国内動乱と近代化の始動