印刷 | 通常画面に戻る |

四大綱領

孫文が三民主義を補うものとして示した4項目。

1905年、中国同盟会の結成の際、孫文が三民主義と共に掲げた綱領。「駆除韃虜・恢復中華・創立民国・平均地権」の四項目を言う。駆除韃虜とは、清朝政府を打倒することを意味し、恢復中華とともに民族主義の具体化であり、創立民国は民権主義、平均地権は民生主義の具体化である。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 エ.辛亥革命