印刷 | 通常画面に戻る |

潜水艦

潜水艦

第一次世界大戦の海戦で使用されるようになった新兵器。ドイツはUボートという潜水艦を考案し、無制限潜水艦作戦でイギリス船を攻撃した。

 潜水艦は自動車と同じく1885年に発明された。発明者はスウェーデン人のノルデンフェルトとされている。初期の潜水艦の動力は蒸気エンジンで、水上での行動にはかなり制約を受けていたが、動力源に1892年にドイツ人のディーゼルが発明したディーゼル・エンジン(内燃機関)が使われるようになると、それは燃料効率が高いので、機動力・行動半径は飛躍的に向上し、第一次世界大戦で実戦に利用された。特にドイツはUボートという高性能の潜水艦を開発し、イギリス海軍のドイツ封鎖を打開しようとして、無制限潜水艦作戦を開始した。それはイギリス海軍に大きな打撃を与えたが、アメリカ商船ルシタニア号を撃沈したことからアメリカが参戦するという結果を招いた。
 当時はまだソナー(音波による探査)技術が無く、敵潜水艦が潜望鏡をあげたところで捕捉して爆雷を落とすという攻撃しかできなかったが、このころから深度で爆発する爆雷が潜水艦攻撃に用いられるようになり、また対潜水艦防衛には機雷が多用された。北海には7万5千発の機雷堰が設けられたという。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 ア.第一次世界大戦の勃発