印刷 | 通常画面に戻る |

赤軍

ロシア革命を反革命軍、外国の干渉軍から守るために組織された。

 第2次ロシア革命の過程で、1918年1月、革命防衛の部隊として志願制で発足した。6月には一定年齢の勤労者の徴募が行われ、7月10日には18歳~40歳の全勤労者に兵役の義務が課せられることとなった。革命軍事会議の議長であるトロツキーは、旧軍人の中からも積極的に幹部を登用、近代的な装備をほどこし、強力な軍隊に育てた。赤軍は反革命政権の白軍との内戦、対ソ干渉戦争、、そして革命路線を巡って対立した社会革命党左派(左翼エスエル)との抗争で大きな力を発揮した。赤衛軍とも言われる。しかし、1920年4月のソヴィエト=ポーランド戦争ではポーランド軍に大敗し、ロシア領の喪失を余儀なくされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 オ.ソヴィエト政権と戦時共産主義