印刷 | 通常画面に戻る |

第2次五カ年計画

1933~37年のソ連の共産主義体制建設計画。スターリン独裁体制の下で軽工業部門の工業化から着手された。

 ソ連邦のスターリン独裁体制のもとで始まった第1次五カ年計画(1928~1932年)に次ぐ、1933年から1937年にわたる、共産主義社会建設の第二段階。第1次が急速な工業化と集団化を目指したため、餓死者を出すなどの問題があったことをふまえて、消費財生産などの軽工業部門の育成を目ざして始まったが、資本主義世界でのドイツなどのファシズム国家の出現などの新たな緊迫した情勢が生じたため、結局軍事物資中心の重工業生産重視に転換した。この間、スターリン憲法を制定して、スターリン指導のもとでの一党独裁体制を確立させ、1939年から第二次世界大戦に突入することとなる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 オ.ソ連の五カ年計画とスターリン体制