印刷 | 通常画面に戻る |

マダガスカル

アフリカ東部、インド洋上の大きな島国。19世紀末フランス領となり、1960年に独立した。

アフリカ大陸の東側、インド洋上にある大きな島。4、5世紀ごろ、東南アジアからオーストロネシア語系・マライ系の人びとがインド洋を渡ってやって来てアフリカ東岸に住み着き、さらに彼らが10世紀ごろにマダガスカル島に移住してきたと考えられている。現在でもマダガスカル島にはインドネシアやマレーシアの人々と近親性があり、稲作農耕も行われている。
 15世紀以降はイスラーム化し、アラブ系住民が増加した。イスラーム国家が存在していたが、19世紀後半の帝国主義諸国によるアフリカ分割の時代には、フランスが侵入して、1880年代、90年代に抵抗を排除して保護領化した。その後もたびたび反フランス暴動が起こったが、独立は1960年の「アフリカの年」まで待つ必要があった。