印刷 | 通常画面に戻る |

コンゴ民主共和国

1960年、ベルギー領コンゴから独立。初めコンゴ共和国として独立したが、コンゴ動乱を経て、71年にザイールに国号変更、1997年に現行の国号となる。

コンゴ民主共和国 GoogleMap

ベルギー領コンゴで、広大なコンゴ川(ザイール川)の左岸流域、コンゴ盆地を含む大国。首都はキンシャサ(旧レオポルドビル)。
 14~19世紀にコンゴ王国が繁栄していた。まず15世紀からポルトガル人が進出、ついで19世紀後半にベルギーレオポルド2世スタンリーにコンゴ川流域を探検させて、現地の首長と貿易独占条約を締結して植民地化した。レオポルド2世はついでコンゴ国際協会の管理という形とし、1884~5年のアフリカ分割に関するベルリン会議において領有が認められると1885年4月コンゴ自由国とした。その実態はベルギー国王レオポルド2世の私有地であり、そのもとで過酷な現地人への収奪が行われ、国際的な非難が起こり、1908年8月にはベルギー政府が直轄するベルギー領コンゴとした。

独立と内戦

 第二次世界大戦のアジア、アフリカにおける民族運動の高まりの中で、1958年からルムンバらに指導された独立運動が始まり、1960年アフリカ諸国の一斉独立とともに、1960年6月30日にコンゴ共和国として独立を達成した。しかし、ベルギーは南部カタンガ州の分離運動を煽動し、それに乗じて南部で反乱が始まり、1960年7月、コンゴ動乱に突入した。ルムンバは国連に支援を要請したが、国連はベルギー・アメリカと共に分離勢力を支持したため消極的であった。そのためルムンバはソ連に急接近し、それを警戒するアメリカは、軍のモブツ将軍を動かしてクーデタを起こさせ、モブツはルムンバを逮捕、殺害した。内戦は背後の米ソの支援もあって長期化し、5年も続いた。1965年にモブツがクーデターで実権を握り、アメリカの支援を受けて独裁的な軍事政権を打ち立て、1971年には国名をザイールに変更した。

国名の変更

コンゴ民主共和国国旗
コンゴ民主共和国国旗
 しかし長期政権の中で腐敗が進行し、人権抑圧も続いたため再び内戦となり、1997年にカビラ政権が成立、国号をコンゴ民主共和国とした。さらに東北部ではルワンダやウガンダからの軍事干渉が続き、カビラ大統領は2001年に暗殺され、その子ジョゼフが大統領となるなど、混乱が続いている。 → コンゴ川右岸のフランス植民地から独立した現在のコンゴ共和国とは別な国家であるので注意。
印 刷
印刷画面へ