印刷 | 通常画面に戻る |

リオ協定/米州共同防衛条約

1947年成立のアメリカとラテンアメリカ諸国の相互防衛条約。翌年、米州機構が成立する。

 1947年にブラジルのリオデジャネイロで、アメリカ合衆国ラテンアメリカ諸国との間で締結された米州共同防衛条約(米州相互防衛条約ともいう)のこと。ラテンアメリカ地域へのソ連・共産勢力の浸透による革命運動が起きることを防止し、侵略に対しては集団的に防衛措置を執ることを約束したもの。同年に東西冷戦に対応するアメリカの外交方針として示されたトルーマン=ドクトリンの「封じ込め政策」の一環である。この条約によって結束を強めたラテンアメリカ諸国は翌48年には米州機構(OAS)を発足させた。1959年にキューバ革命で社会主義政権が成立したキューバは、リオ協定から除名された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 イ.ラテンアメリカ諸国とキューバ革命