印刷 | 通常画面に戻る |

ベニグノ=アキノ暗殺事件

1983年、フィリピンのマルコス大統領が政敵のベニグノ=アキノを暗殺した。それを契機に、反独裁の運動が起きる。

 1983年、フィリピンマルコス独裁政権による、政敵に対する暗殺事件。これを機に独裁政治に反対する声が強まり、86年のピープルパワー革命、マルコス退陣にいきつく。

Episode マニラ国際空港での惨劇

 1983年8月21日のマニラ国際空港での白昼の暗殺事件は世界の人々を驚かせた。この日アメリカでの心臓治療を終えて帰国するベニグィノ=アキノは、暗殺の危険があることを十分察知し、防弾チョッキを重ね着して飛行機から降りようとした。その時制服の警官が機内に乗り込んできた。彼らの一人がアキノがタラップから降りるところをその後頭部めがけて拳銃を発射した。同行の記者団などが見ている前の、わずか1分たらずの出来事だった。しかもその映像はテレビ似つつし出され世界に配信された。実行犯とされたものが逮捕され、裁判にかけられたがいずれも証拠不十分で無罪となった。しかしそれがマルコス政権の中枢と関係があることを疑うものは誰もいなかった。<鈴木静夫『物語フィリピンの歴史』1997 中公新書 p.268-270> 
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

鈴木静夫
『物語フィリピンの歴史』
1997 中公新書