印刷 | 通常画面に戻る |

マックス=ウェーバー

20世紀初頭のドイツの社会学者。現代社会科学に大きな影響を与えた。

 ヴェーバーとも表記。Max Weber(1864-1920) ドイツの社会学者で、政治学・経済学・歴史学など社会科学全般にわたる業績を残している。最も知られている主著は『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(1920)であろう。この書は、西欧資本主義の成立・発展をプロテスタンティズム(その中の特にカルヴィニズム)との関連を明らかにしたもので、大きな議論と影響を与えた。また、官僚制の分析的研究や、「カリスマ」的な支配権力の概念の提唱などでも知られる。
 その学問の特色は、科学的な認識において実践的な価値判断を排除し、理念型的な概念を組み立てるというものであろう。当時のドイツで有力であったマルクス主義とは一線を画し、ナショナリスト・自由主義者として行動したが、ドイツ帝国には批判的であった。他に、『職業としての学問』『職業としての政治』『経済と社会』や一連の宗教社会学など多数の著作がある。
印 刷
印刷画面へ