印刷 | 通常画面に戻る |

カルヴァン

スイスのジュネーヴで宗教改革を行い、カルヴァン派の新教を創始する。

カルヴァン
Calvin(1509-1564)
ドイツのルターと並ぶ宗教改革の中心となった人物。カルヴァンは北フランスのピカルディの生まれ、パリ大学で学んだ。神学を修め、次ぎにオルレアン大学に行き法律を学んだ。そこでエラスムスに傾倒し、人文学者となった。1530年代のフランスにはルター派の著作とその思想がもたらされ、カルヴァンもその影響を受けた。パリで新教徒迫害が強まり、カルヴァンもスイスのバーゼルに逃れて、1536年『キリスト教綱要』を著し発表した。それによって新教派の論客として注目されるようになり、同年からジュネーヴでファレルとともに改革を実行し始める。はじめは反対派が多く、一時追放されたりしたが、1541年から14年にわたり市政の実権を握り、いわゆる神権政治という厳格な教会改革と政治改革を実行した。彼は反対派を捕らえて火刑にするなど厳しい宗教統制を行った。1559年には「ジュネーヴ学院」を設立し、改革理念を学んだ青年を育て、布教者としてフランスに派遣し、カルヴァン派の拡大に努めた。1564年没。カルヴァンの唱えた予定説は、カルヴァン派の拡大とともに西ヨーロッパの商工業者に広がり、資本主義社会の形成の背景となったと言われている。 → マックス=ウェーバー 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

Episode 独裁者カルヴァン

 カルヴァンは、エラスムスなどユマニスムの影響を受けて、はじめは反対派に対しても寛容な姿勢であったが、1541年にジュネーヴで権力を握り、厳格な神権政治を実行していくうちに、次第に非寛容の姿勢が強くなった。カトリック教会を厳しく弾劾しただけではなく、たとえばミシェル=セルヴェという神学者が、三位一体説を批判する説を発表すると、異端説であるとして弾圧してセルヴェを宗教裁判にかけ、処刑してしまった。また人文学者に対しても神を冒涜する言説については激しい非難を加え、ラブレーの著作なども禁書にした。それだけではなくカルヴァンは市民生活にも厳しい規律を求め、違反者を次々と捕らえて裁判にかけ、恐怖政治として恐れられた。カルヴァンによって犯罪として告発された事件には次のような事例があった。・放浪者に占いをしてもらった事件 ・ダンスをした事件 ・25歳の男と結婚しようとした70歳の女性の事件 ・ローマ教皇を立派な人だと言った事件 ・礼拝中に騒いだ事件 ・説教中に笑った事件 ・カルヴァンを風刺した歌を歌った事件など。<渡辺一夫『フランス・ルネサンスの人々』 岩波文庫 p.270>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 イ.カルヴァンと宗教改革の広がり
書籍案内

渡辺一夫
『フランス・ルネサンスの人々』
岩波文庫