印刷 | 通常画面に戻る |

ホモ=ハビリス

アフリカで発見された化石人類の一つ。猿人と原人の中間的段階と考えられている。

 約250万年前、アフリカでの大地溝帯で、高度な石器製造技術を持っていた化石人類。発見者のリーキーはホモ属に属すると考えホモ=ハビリスと命名したが、現在では猿人と次の原人の中間的な段階と考えられている。
 1959年7月17日、東アフリカ、タンザニアのオルドヴァイ峡谷で、30年以上も発掘を続けていたナイロビ博物館のリーキー博士夫妻は、人類化石を発掘しジンジャントロプスと命名した。さらに翌年、さらに古い地層から12才ぐらいの子供の化石を発見、現生人類につながる直系の先祖ホモ属の化石であると確信して、「ホモ=ハビリス」(「能力ある人」の意味)と名付けた。同じ地層から、礫石器が見つかり、彼らは道具を使用していたと考えられる。しかし現在の研究ではホモ=ハビリスは猿人(アウストラロピテクス)にかなり近く、ホモ属ではないという説も有力である。<『われら以外の人類』内村直之 朝日選書 2005年 p.158-162>

山川詳説世界史の記述変更

 山川出版社の『詳説世界史B』では、2012年までの旧版では、ホモ=ハビリスを猿人として紹介していたが、2013年の最新版ではホモ=ハビリスはホモ=エレクトゥスと同じく原人に属すると記述を変更した。その結果、原人の出現時期は旧版の180万年間から250万年前へとさかのぼらせている。いまのところ、この変更の正否は判断する材料をもたない。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章1節ア.人類の進化
書籍案内

内村直之
『われら以外の人類』
2005年 朝日選書