印刷 | 通常画面に戻る |

農耕・牧畜

食物その他の生活物資を、植物の栽培、動物の飼育によって確保する人類の生業。狩猟・採集という獲得経済から、生産経済への転換をもたらし、人類の社会を大きく変えた。

新石器時代への移行

 狩猟・採集段階の次に現れる人類の生業。人類は農耕・牧畜という生産経済段階に入ったことによって人口を飛躍的に増大させ、文明を形成すると共に、階級や国家を発生させた。この変化を農業革命(食糧生産革命)ともいう。この変化は、遺物の上では磨製石器と土器を指標とする新石器時代として現れる。その始まりは、確定的なものとしては西アジアで9000年前(紀元前7000年)頃、東アジアでは8000年前(紀元前6000年)頃と考えられている。 → 新石器革命 

農耕の始まり

 食糧生産が開始された地域として知られるのが、現在のイラン・イラク・シリア・ヨルダン・レバノン・イスラエルにまたがる、レヴァント地方である。この地域には野生の大麦や小麦が生育しており、まず紀元前10500~8500年頃この地に麦類を採集し、野生の山羊などを狩猟して生活するナトゥファン文化が起こった。彼らは収穫用の石器や加工用の石臼、石皿など磨製石器を造り、紀元前7000年頃になって麦類の栽培を始めたらしい。農耕の起源についてはまだ不明な点が多いが、この西アジアから東地中海域にかけての地域(古来、「肥沃な三日月地帯」と言われている)が有力視されている。また、中国文明では前6000年頃に、農耕文明が黄河中流域と長江中流域で起こったと考えられている。

農耕牧畜の始まりと気候変動

 旧石器時代から新石器時代への移行は長期にわたる変化であり、また地域的にかなりの違いがあるが、まず「肥沃な三日月地帯」が形成される条件となった氷河期の終了と温暖化については新たな見方が出されている。
 氷河期の形成と消滅の繰り返しには、地球の公転軌道の離心率の変化、自転軸の傾きの周期的変化、さらに自転軸の歳差運動という三つの要因があることが20世紀にセルビアの天文学者ミランコヴィッチによって明らかにされた。ミランコヴィッチの変動理論はその後、1970年代の各地の氷河や湖沼に残された痕跡の科学的調査によって、ほぼ10万周期の氷期と間氷期という大きな気候変動と、4万年周期および2万年周期の気候変動(亜氷期と亜間氷期)の組合せであることが判明した。<注>
 最後の氷期のピークが約2万年前に訪れ、その後は温暖化に向かったが、1万8千年前(オールデストドリアス期)、1万5千年前(オールダーデリアス期)、そして1万2千年前(ヤンガーデリアス期)にも急激な寒冷化が訪れ、この最後の寒冷期が終わってからほぼ温暖で安定した気候が現代まで続いており、この気候変動が農耕の開始の大きな要因となったとみなされている。
 ヤンガードリアス期に西アジアで食糧獲得の手段として農耕が模索されるようになったが、それはかつて考えられたような8000~7000年間に農耕革命がおこり、定住集落が出現し急速に普及したという見方は現在では否定され、定住集落の出現は1万年前よりさらにさかのぼり、そこにいたるまで数千年という長大な時間がかかったと考えられるようになった。最古の農業はすでに(寒冷期であるオールダーデリアス期の)1万3千年前に東南アジアではタロイモやヤムイモなどの根菜農業があった可能性が高く、また同じころ西アジアのレヴァント地方では狩猟採集民ナトゥーフ人が大きな洞窟の中に竪穴住居をつくっている。しかし、1万2千年前の最後の寒冷期ヤンガーデリアス期が到来し、定住生活はいったん消滅した。
 最後の寒冷期が終わって再度温暖化が始まり、1万1500年前に西アジアで再び定住生活にはいり、彼らが農耕に取り組み始めた。初期の定住生活は一定期間後に移住しなければならないことが多かったと思われるが、そのような移住の経験を積み重ねる中で、穀物が突然変異によって適地を見出し、より本格的な農耕集落を作っていったたと思われる。肥沃な三日月地帯では農耕は始まる前から野生のイネ科のムギを採集していたが、野生のムギは種子をなるべく広い範囲に散らすため種子を含んだ小穂が脱落するようになっていた。これだと採集するのが手間がかかる。ところが突然変異で非脱落種のムギが現れると、それは人が穂から小穂を脱穀して播種しなければ次の世代を残せない。栽培種のムギは、この脱落性を有する野生種の遺伝子に突然変異が起きて非脱落性の遺伝子をもつ一粒のムギの個体に遡る。<青柳正規『人類文明の黎明と暮れ方』興亡の世界史①2009初刊 2018 講談社学術文庫 p.105-114>
<注>ミランコヴィッチ理論は日本の福井県若狭地方にある水月湖という小さな湖の湖底に堆積した泥の層の分析からさらに深められ、修正が加えられている。水月湖は「奇蹟の湖」として世界中の古気候学者から注目を浴びているという。<中川毅『人類と気候の10万年史』2017 講談社ブルーバックス>

動物の家畜化

 人類が最初に家畜化した動物は、羊(ヒツジ)とヤギであった。その場所は西アジアの地中海に近い地域、今日のレバノン、イスラエル、パレスティナ、いわゆる「肥沃な三日月地帯」の一部であった。年代は前7600年ごろ、すなわち今から1万年前近く前のことと考えられている。その少し前に人々は大規模な定住的集落をいとなむようになり、農耕(野生麦の栽培化)を始めていた。また彼らは集団で追いこみ猟をおこない、羊やヤギを群ごと捕獲して集落のなかに設けた囲いに収容し、一度に全部は殺さずに一部は生かしておくおうになった。その囲いの中で子どもが生まれれば、その子どもはもはや野生ではなく、家畜に近い。囲いのなかで世代交代が起これば、完全な家畜の誕生である。農耕がおこなわれていれば、穂だけ刈り取られたあとに残った茎が家畜の餌にもなる。つまり、大型定住集落と農耕の確立が、家畜化の前提だったのである(藤井純夫『ムギとヒツジの考古学』)。<林俊雄『遊牧国家の誕生』世界史リブレット98 2009 山川出版社 p.10>
 羊・ヤギにやや遅れて前7000年ころには、肥沃な三日月地帯の西北部で牛と豚の家畜化も進行したらしい。馬の家畜化の年代については、現在議論が真っ二つに割れている。前4000~前3500年ころに草原地帯で馬の騎乗が始まったとする説と、前3000年ころからようやく肉用に馬を飼うようことが草原で始まり、前2000年ころからメソピタミアで騎乗が始まったが、普及するのは前十~前九世紀とする説が対立している。しかし近年の考古学の発掘成果とその分析にもとずけば、後者の説の方が分があると考えられる。<林俊雄『同上書』 p.12>
 なお、動物の家畜化の時期については林俊雄『スキタイと匈奴 遊牧の文明』興亡の世界史 2007初刊 2017 講談社学術文庫により詳しい記述がある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章 イ.文化から文明へ
書籍案内

青柳正規
『人類文明の黎明と暮れ方』
2018(初刊は2009)
講談社学術文庫

中川毅
『人類と気候の10万年史』
2017 講談社ブルーバックス

林俊雄
『遊牧国家の誕生』
世界史リブレット98
2009 山川出版社