印刷 | 通常画面に戻る |

王の目、王の耳

アケメネス朝で紂王から派遣された監督官とその補佐官。

アケメネス朝ペルシア帝国のダレイオス1世が、地方官であるサトラップ(州知事)の勤務状況を把握するために派遣した監督官を「王の目」といい、その補佐官を「王の耳」と称した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 カ.古代オリエントの統一