印刷 | 通常画面に戻る |

王の道

アケメネス朝で首都スサからサルデスに設けられた幹線道路。

アケメネス朝ペルシア帝国全盛期の王、ダレイオス1世が建設した、スサから小アジアのサルデスに至る、およそ2400kmの幹線道路。20~30kmごとに、111の宿駅が設けられ、馬や食料が備えられていた。宿ごとに待機した郵便夫が書状をリレー方式で中継し、スサからサルデスまで6日~8日で伝えた(普通人は3ヶ月かかった)、同時代のギリシア人が「鶴よりも早く走る」と驚いたという。<宮田律『物語イランの歴史』中公新書 2002 p.43> → 駅伝制

Episode ヘロドトスの伝える「王の道」

(引用)「街道いたるところに、王室公認の宿場と大層立派な宿泊所があり、街道の通じている全距離にわたって、人家があり安全でもある。リュディアかとプリュギアの区間は、九十四半パラサンゲスの距離であるが、この間に宿場が二十ある。・・・・ハリュス河をわたるとカッパドキアに入るが、ここを進んでキリキア国境に至までの距離は、百四パラサンゲス宿場は二十八を数える。・・・・以上、宿場の総数は百十一、つまりサルディスからスサの都に上っていく間に、これだけの数の宿泊所があったわけである。」<ヘロドトス『歴史』巻五 52節 松平千秋訳 岩波文庫(中) p.148-149>

出題 1992年 センター試験 第3問 A

 問2 「王の道」を示したものとして正しいものを、次の地図の①~④のうちから一つ選べ。
王の道

解答

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 カ.古代オリエントの統一