印刷 | 通常画面に戻る |

サトラップ

古代イランのアケメネス朝で中央から地方(州)に派遣された行政官。

 アケメネス朝ペルシア帝国の最盛期のダレイオス1世(ダリウス大王)は、国内を20の州(サトラッピ)に分け、それぞれの州に地方長官であるサトラップをおいた。またサトラップの勤務状況を監視するために、中央から「王の目・王の耳」といわれる監督官を派遣した。
 ダレイオスの置いた20のサトラップ(ヘロドトスの『歴史』ではサトラペイア、行政区または徴税区といわれる)は、民族別に設けられ、それぞれ納税額が定められた。例えば、第1区はイオニア人などの地域で銀4百タラント、第2区はリディア人などの地域で5百タラント、・・・エジプトは第6区で7百タラントだった。バビロンなどの第9区からは銀一千タラントと500人の去勢された男児を納めるというのもあった。なお第20区はインドで、砂金360タラントという。ペルシア帝国では納められた金銀を溶解して土製の甕に流し込み、甕一杯になると甕を壊して金銀の固まりにし、貨幣が入用になると必要な量だけ鋳造した。なお、ペルシア本国(ペルシス)は課税されず、またアラビア人など周辺民族で献上品だけを納めるものもあった。<ヘロドトス『歴史』巻三 89-96節 岩波文庫(上) p.345-349>
 このサトラップの制度は、アケメネス朝滅亡後のヘレニズム諸国であるセレウコス朝シリア、およびパルティアにも継承された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一