印刷 | 通常画面に戻る |

ペリオイコイ

古代ギリシアのスパルタにおける半自由人。

 スパルタには市民と奴隷の間の中間的な存在として、ペリオイコイという人々が存在した。ペリオイコイとは「周辺の住民」の意味。彼らはスパルタ人とは同じドーリア人の一部と、先住のアカイア人であり、スパルタの中心市からは離れた周辺の集落に住み、農業や商工業に従事した。基本的には自由身分であったが、参政権などの市民権をもたなかった。その点で奴隷(ヘイロータイ)とは違う半自由民と言える。また、スパルタ市民はラケダイモンといわれて重装歩兵密集部隊を構成するが、ペリオイコイにも従軍義務があり、戦争の際には動員された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 オ.アテネとスパルタ