印刷 | 通常画面に戻る |

スパルタ

古代ギリシアのポリスでアテネと対抗した有力国。

紀元前12世紀にピンドス山あたりから移動して南下したドーリア人は、他のギリシア諸種族の移動を誘発しながらペロポネソス半島一帯を占拠し、先住ギリシア人と共存しながら定着した。ドーリア人の一派のスパルタ人(スパルティアタイ。自らはラケダイモンといった)は、エウロタス河畔に居を定め、自らを強固な支配身分の共同体として結合し、他の従属的な諸身分を抑える戦士団の共同体をつくった。スパルタ人が支配する従属民には、ヘイロータイという奴隷身分とペリオイコイとよばれる半自由民があった。

スパルタの軍国主義

 スパルタの市民はポリス内部では少数の支配層であり、いっさいの生産労働から解放され政治と軍事に専念する戦士団であった。かれらは武器を独占してペリオイコイ、ヘイロータイを支配したが、数の上では少数であり、また時々ヘイロータイの反乱に悩まされていたので、その軍事力を維持し強めるために、厳しい軍国主義を採用し、子供(スパルタにおいては市民の女子も戦士として同様に扱われた)たちを厳しく育てる「スパルタ教育」が行われていた。また、強力な陸軍をもっていたので、「城壁は人なり」という考えから、他のポリスのような城壁を築かなかった。対外政策では、鎖国政策をとった。以上のようなスパルタの国制は、前9世紀末のリュクルゴスの改革によるとされているが、リュクルゴスは伝承上の人物とされることも多い。<太田秀通『スパルタとアテネ』1970 岩波新書 p.80~による>
※スパルタのヘイロータイが、征服された先住民であるという説は、現在では否定的に見られている。

ペルシア戦争でのスパルタ

ペルシア戦争では他のポリスと同調してペルシア帝国と戦った。特にスパルタの陸軍はテルモピュライの戦いレオニダス王が奮戦したが、戦死してペルシア軍に敗れてしまった。その後、海軍力を主としたアテネに主導権を握られることとなった。

アテネとの抗争とスパルタの覇権

アテネとの対立はついにペロポネソス戦争となって激突、スパルタはペロポネソス同盟を組織して次第に優勢となり、ついにアテネを破った。こうして、一時ギリシアでのスパルタの覇権が成立する。

コリント戦争とスパルタの衰退

 スパルタはペロポネソス戦争でアテネに勝利したが、その背後にはペルシア帝国(アケメネス朝)からの資金援助を受けていたことがある。この勝利によってスパルタはギリシアの覇権を握ったが、そうなるとギリシアに統一政権が生まれることを恐れたペルシア帝国は、一転してアテネ・テーベ・コリントなどに資金を援助するようになり、スパルタとのコリント戦争(前395~387)を起こさせた。この戦争は決着がつかず、ペルシア帝国の大王の仲介で和睦した(「大王の和約」)。その後、ギリシアではテーベが台頭、スパルタは前371年に敗れて衰退する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 オ.アテネとスパルタ